肩こりの原因としての筋肉組織の疲労
28
Jul

肩こりは今や現代病の一つとも言われていますが、とりたてて病院や整骨院などの治療をするということもなく放置しておいてやがて重症化してしまうケースもあるようです。そもそも人間が二足歩行を始めたときからの人間の宿命とも言えるのです。

人間の頭は4キロ以上ありこの重いものを首や肩の筋肉組織でささえているわけですから、そのストレスは意外に大変なものなのです。ですのでこの肩こりの予防としては日常生活のなかで軽いストレッチなどをしておくといいでしょう。ようするに肩から首にかけての筋肉組織を鍛えておくことが予防策としてはベストですが、これは忙しい毎日にあってはむずかしいようです。

また、冬にかけて寒い時期になりますと運動不足で身体も萎縮して血液の循環もとどこおりがちになるので意識的に身体をうごかすことで首や肩の筋肉組織をほぐしておくことです。

また、パソコンやスマホなどで目を酷使することも原因の一つです。またオフィスでの長時間のデスクワークで同じ姿勢をとっていることも原因になるので、つらいばあいには整骨院などの治療院で診てもらうことが大切です。