ダイエットに王道無し。ただただ、努力あるのみ。
29
Jul

私は10年以上前に約半年で数キロの減量に成功し、そのままの状態で現在までリバウンドせず減量時の体重を維持しています。
これはダイエット成功と考えても良いのではないかと自画自賛しています。

その経験から言える事は、ダイエットに成功するには決して近道は無いという事です。何かを食べれば痩せられる、何かを摂ればダイエット出来るははっきり言ってダメでしょう。何故なら、人が太る、?せるはカロリーの摂取と消費のバランスでしかないからです。そのバランスとは食事と運動以外の何物でもありません。だからその点を避けたままで、あれだけを食べたらとか、これを飲んだらとかと言う方法でダイエットが出来るわけがないのです。

断言します。ダイエットに王道無し。ただただ努力あるのみです。
でも私は決して人様に誇れるほど努力家でも頑張り屋でもありません。よくして人並みでしょう。そんな私がなぜ今までそんなダイエットを続けて来れたのでしょうか。
それは簡単な話です。必要に迫られたからなのです。

ダイエットを始めたきっかけは長男の結婚式でした。結婚が決まったので久しぶりの礼服を着てみると、ピチピチで服のボタンが今にも弾け飛びそうな状態でした。これはイカン、礼服代がまた何万円かいるんだと覚悟しました。結婚式の準備などでこれから結構な出費があるはずなので、ちょっと憂鬱な瞬間でした。でも、ふと考えました。待てよ、これ、ちょっと痩せれば十分に着られると。
少し前の会社での健康診断で肝臓の数値が若干悪く、医者にこのまま放置すればそのうち脂肪肝から肝硬変へと大変な事になるぞ、と脅かされていたのもあって、ダイエット開始の決心をしました。
カロリー消費は毎日1時間のウォーキング。カロリー摂取は毎日の大好物、甘いおやつの禁止。でもこれはかなり厳しいハードルでした。そこで土日は運動休止日。日曜はお甘いおやつ解禁日としてメリハリをつけました。

何故、普通の私がダイエットに成功したのかお判りになりますか。それは、必要に迫られたからなのだと私は考えています。
何万円かの出費という経済的不安と燻ぶっていた健康不安。この二つが重なった事が高いハードルを越える原動力になったのでしょう。

結局の所、ダイエット成功のためにはモチベーションの高さをどの様に求めるかという事なのでしょう。でないと王道無し、努力あるのみのダイエットには成功しないとおもいます。
ラクビの口コミ