腹筋を鍛え、踏ん張る体制を意識してみましょう
29
Jul

便秘解消には、食生活などを気を付けるのはもちろんですが、腹筋が無い人は便意があっても踏ん張る力がなく便がでないことがよくあります。腹筋を使って踏ん張らないと痔になったりして切れてしまって大変なことになってしまいます。腹筋を鍛えることによってダイエット効果にもつながるので毎日少ない回数でもいいので腹筋をするようにすればいいと思います。
最近では、様式タイプのトイレばかり見かけますが、和式タイプの方が便が出やすい体制です。なかなか最近の方は和式タイプのトイレではしないと思いますが、座って踏ん張るよりも断然いいです。よく「うんこ座り」とか言われてましたよね。ただただ踏ん張るよりも、踏ん張るときの体制も気を付けて意識してみてください。
そして、便が詰まってって出そうなのに出ないときには、踏ん張りすぎずに肛門に暖かいシャワーを弱めに当ててみた後に再度トイレで踏ん張ってみると肛門が柔らかくなり出やすくなります。硬い便が詰まっていて出ないときには、ずっと踏ん張っていてもでません。踏ん張りすぎて切れてしまうだけなので、一旦トイレから出て少し動いてみたり、水分補給をしてみることが大切です。普段からあまり水分を取らない方は、便が硬くなり出ずらくなりますので水分補給も意識してみてください。
スリムフォー 楽天