人材の確保と中途採用(有資格者・電験・介護など)
14
Jan

長いスパンで考えた時に、会社にとってなくてはならない人材になってもらうために採用した人物がすぐ退職してしまうということがあります。
※特に有資格者の離職は、企業にとってはかなり痛手ですよね(泣)

歳月と費用でひとかどの人材に育て上げたところで辞められては、会社としても切ない話です。
※有資格者は、他の企業でもかなり重宝されるため、転職をしやすいという傾向があります。

入念に吟味して、これはと思う人物を採用できていたとしても、退職されてしまっては元も子もありません。

社員の退社が無いように、どの会社も必要な人材の確保にはとても気を使っています。
※優しさ・厳しさなどのバランスが難しいんですよね(汗)

とはいえ、不景気のあおりで希望退職者を募らなければならないような場合に、会社を見限って率先して辞めてしまうのは、たいてい残って欲しい人材です。

期待通りの人材を得ることは、会社にとっても難事業のようです。

いったん社員を減らしても、景気が回復すれば今度はどの会社も積極的に採用に動き出します。

特に教育する必要のない中途採用は会社にとって即戦力になり、大変貴重な人材です。

他社の人材に声をかけて、自社で採用するという状況もありえます。

インターネットの求人情報では、履歴書や職務経歴内容を登録して転職希望者と企業のマッチングをはかります。
※インターネットの情報で、電験 資格 収入などの情報を得る事も、あなたの企業の大切な人材を守るための必要な情報が得られる1つの方法です。

会社が良い人材を捜すように、転職希望者も良い人材であることをアピールすることは重要です。

時には資格を取得したり経験を積み重ねなどの努力も必要です。

会社側にとって魅力的な人材であることが、転職活動で無事に採用を得るためには大事です。
※有資格者(電験)は、企業が手放したくない人材という事は、今も昔も変わらないですね!